読み込み中 . . .
中止

コンゴウフグ

Lactoria cornuta (Linnaeus, 1758)

形態・特徴 コンゴウフグ属魚種の外見はハコフグ属に似るが、眼上棘、腰骨棘、背隆起中央に棘があることで区別できる。本種では背隆起が低く、その中央の棘が鈍く後方を向くこと、眼上棘、腰骨棘、尾鰭が著しく長いことで同属他種と区別できる。
分布 静岡県以南。インド・西太平洋域。内湾の浅所に生息する。
生息環境 沿岸のサンゴ礁域や岩礁域に生息する。
食性 底生生物を捕食する。
その他 幼魚は愛らしく観賞魚とされるが皮膚から粘液毒を出し、他の魚を殺すことがある。食用にはしない。コンゴウフグ属魚類は3種が有効種として知られ、日本には全て産する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません