読み込み中 . . .
中止

ハマフグ

Tetrosomus reipublicae (Ogilby, 1913)

形態・特徴 体の断面は三角形。背隆起の中央に小さな2棘と2本の眼上棘があることでラクダハコフグと区別できる。生時は青い斑紋があることがある。
分布 三浦半島以南。インド・西太平洋域。浅海の岩礁から砂地への移行帯にすむ。
生息環境 砂底に生息する。浅海に生息するとされるが、底曳網で水深100m以深からも漁獲される。
食性 底生生物を捕食する。
その他 底曳網で漁獲されるが、食用としての価値はなく、通常廃棄される。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません