読み込み中 . . .
中止

ヌリワケカワハギ

Pervagor melanocephalus (Bleeker, 1853)

形態・特徴 体色は前半と後半で異なる。前半は暗色で、体側の後半は赤みを帯びるという派手な色彩。鰓孔の周囲には暗色斑がある。第1背鰭棘の側面には下向きの小棘が多数ある。体長7cmほどの小型種。
分布 慶良間諸島以南。西部太平洋。
生息環境 サンゴ礁に生息する。
その他 美しい色彩なので観賞魚としてまれに輸入されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

hanadaiさんがフィリピン モアルボアルで撮ったヌリワケカワハギ

フィリピン モアルボアル

2012.06.11

Keisuke Imamuraさんがフィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島で撮ったヌリワケカワハギ

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.21

hanadaiさんがフィリピン ボホール島で撮ったヌリワケカワハギ

フィリピン ボホール島

2011.02.19

海底奉行さんが日本 沖縄県 真栄田岬で撮ったヌリワケカワハギ

日本 沖縄県 真栄田岬

2020.11.18

海底奉行さんが日本 沖縄県 真栄田岬で撮ったヌリワケカワハギ

日本 沖縄県 真栄田岬

2022.01.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する