読み込み中 . . .
中止

フチドリカワハギ

Acreichthys tomentosus (Linnaeus, 1758)

形態・特徴 腰骨の鞘状鱗は可動である。尾鰭上・下葉に1対の黒色斑があること、頭部や体側に白色線があり、日本産の同属魚種と区別可能。体長7cmほど。
分布 琉球列島。インド・西太平洋域。熱帯域の内湾の砂泥底、珊瑚礁域では海藻や砂地のある水深5m以浅にすむ。
生息環境 水深5m以浅のサンゴ礁域やその周辺の砂地に生息する。海藻がある場所に多い。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

Ryota  Hasegawaさんが日本 沖縄県 浦添市 伊奈武瀬付近で撮ったフチドリカワハギ

日本 沖縄県 浦添市 伊奈武瀬付近

2017.02.10

NOAHさんが日本 沖縄県 宜野湾市 宜野湾新港で撮ったフチドリカワハギ

日本 沖縄県 宜野湾市 宜野湾新港

2014.06.20

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったフチドリカワハギ

フィリピン サマール島

2009.10.13

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったフチドリカワハギ

フィリピン サマール島

2010.02.08

hanadaiさんがフィリピン ボホール島で撮ったフチドリカワハギ

フィリピン ボホール島

2009.04.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する