メガネウマヅラハギ

Cantherhines fronticinctus (Günther, 1866)

形態・特徴 腰骨の鞘状鱗は動かすことができない。第1背鰭の小棘は未発達。センウマヅラハギに似るが、縦線がなく、不規則な暗色斑をもつ。生時、眼下縁は青色線で縁取られる。体長15cm。
分布 相模湾以南の太平洋岸、伊豆諸島、琉球列島。~インド-西太平洋。
生息環境 水深30m以浅のサンゴ礁、岩礁に生息する。
食性 甲殻類、ゴカイ類などを捕食する。
地方名 ヤチャ(鹿児島県奄美大島)
その他 やや小型種で、普通は食用としない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ヒサビッチャ☆さんが日本 高知県 沖ノ島 久保浦で撮ったメガネウマヅラハギ

日本 高知県 沖ノ島 久保浦

2008.07.19

burgessさんが日本 沖縄県 渡嘉敷島で撮ったメガネウマヅラハギ

日本 沖縄県 渡嘉敷島

2017.10.23

kuzuwakaさんが日本 和歌山県 日高郡漁港で撮ったメガネウマヅラハギ

日本 和歌山県 日高郡漁港

2010.08.07

hanadaiさんがインドネシア バリ島で撮ったメガネウマヅラハギ

インドネシア バリ島

2005.06.25