読み込み中 . . .
中止

センウマヅラハギ

Cantherhines multilineatus (Tanaka, 1918)

形態・特徴 腰骨の鞘状鱗は動かすことができない。第1背鰭の小棘は未発達。体側に細い縦線がある。体長20cm。
分布 房総半島以南、東シナ海。インド・西太平洋域。やや深海に生息する。
その他 稀種とされ、生態などは不明な点が多い。普通は食用にしない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

マーメイドさんが日本 鹿児島県 奄美大島で撮ったセンウマヅラハギ

日本 鹿児島県 奄美大島

2007.08.06

hitomiさんが日本 和歌山県 白浜(京都大学白浜水族館)で撮ったセンウマヅラハギ

日本 和歌山県 白浜(京都大学白浜水族館)

2015.07.17

孤高な漁師さんが日本 鹿児島県 薩南諸島で撮ったセンウマヅラハギ

日本 鹿児島県 薩南諸島

2006.07.28

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する