ハナツノハギ

Pseudalutarius nasicornis (Temminck and Schlegel, 1850)

形態・特徴 体は強く側編する。第1背鰭棘が眼の前方にある。体側に黄褐色縦帯がある。体長15cm。
分布 神奈川県三崎以南。インド・西太平洋域。水深40~100mの砂地に生息する。幼魚は流れ藻につく。
生息環境 沿岸の砂・泥底に生息する。幼魚は流れ藻についていることがある。
その他 観賞魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

海底奉行さんがフィリピン 中部ルソン地方 アニラオで撮ったハナツノハギ

フィリピン 中部ルソン地方 アニラオ

2021.05.08