読み込み中 . . .
中止

クロシビカマス

Promethichthys prometheus (Cuvier, 1831)

形態・特徴 体は細長い。側線は1本のみで、前部で下方に曲がる。腹鰭は1棘で、軟条はない場合もあり、あっても1本ほど。稚魚や幼魚では腹鰭棘が長い。背鰭・臀鰭には小離鰭がある。体長1m近くになることもあるという。
分布 南日本太平洋側。~インド・西太平洋域、大西洋の暖海域。大陸棚縁辺から斜面域にすむ。
生息環境 沿岸から沖合の、暖海域の深海にすむ普通種。水深1,050mまで見られるようだ。
食性 魚類や頭足類を捕食する。
その他 底曳網や延縄で漁獲される。釣りでは深海釣りの外道としてよく釣られる。また、小形の個体は定置網で漁獲されることもあるようだ。
地方によって「すみやき」とよび、食用となっている。小骨が多いが、刺身や焼き物などは美味である。クロシビカマス属は本種のみからなる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません