読み込み中 . . .
中止

タスキモンガラ

Rhinecanthus rectangulus (Bloch and Schneider, 1801)

形態・特徴 尾柄部には4列または5列の小棘列がある。頭部から下方に伸びる黒色横帯は胸鰭を超えて肛門・腹鰭にまで及ぶ。体側後方には「く」の字状の茶色帯があり、それは黄色に縁取られる。胸鰭基部には鮮やかな赤色線がある。体長25cm。
分布 和歌山県以南。~インド・西太平洋の熱帯海域。珊瑚礁域にすむ。日本では珍しい。
生息環境 サンゴ礁に生息する。
食性 雑食性。
その他 砂地にすり鉢状の巣をつくり、その中で産卵する。親は卵を保護する。日本では食用にしない。観賞魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません