イトヒキオキハギ

Abalistes filamentosus Matsuura and Yoshino, 2004

形態・特徴 オキハギによく似ているが、頬に青く縁取られた溝が数列あり、腹部に橙色の斑紋がないこと、尾鰭の上・下葉が糸状に長く伸びることで区別可能。大きいものでは60cmになる。
分布 愛媛県愛南町、高知県、琉球列島。~ニューカレドニア、オーストラリア北西岸、ティモール海。
生息環境 沖合に面したやや深い岩礁域に生息する。底曳網や定置網等で漁獲される。
その他 2004年に記載されたばかりの比較的新しい種である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ヒサビッチャ☆さんが日本 高知県 沖ノ島 久保浦で撮ったイトヒキオキハギ

日本 高知県 沖ノ島 久保浦

2006.08.11

ヒサビッチャ☆さんが日本 高知県 沖ノ島 母島沖波止で撮ったイトヒキオキハギ

日本 高知県 沖ノ島 母島沖波止

2014.08.29

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったイトヒキオキハギ

日本 沖縄県 本島近海

2014.06.18

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったイトヒキオキハギ

日本 沖縄県 本島近海

2014.06.18

ヒサビッチャ☆さんが日本 高知県 沖ノ島 久保浦で撮ったイトヒキオキハギ

日本 高知県 沖ノ島 久保浦

2006.08.11