読み込み中 . . .
中止

オキハギ

Abalistes stellatus (Anonymous, 1798)

形態・特徴 尾柄部は細く縦偏する。頬には溝がなく、体側には小さな橙色斑が腹部にまである。尾鰭は上・下葉ともに二重湾入するが、長く伸長することはない。体長50cmに達する大型種。
分布 主に駿河湾以南の太平洋岸、琉球列島、尖閣諸島。~韓国、インド-西太平洋。
生息環境 沖合に面したやや深い岩礁域に生息する。底曳網や定置網等で漁獲される。
食性 動物プランクトンや甲殻類などを捕食する。
その他 オキハギ属は永らく1種 (もしくは2種) とされていたが、2004年にイトヒキオキハギが新種記載された。日本には本種とイトヒキオキハギの2種が産する。本種は釣り、定置網等で漁獲され、食用になる。モンガラカワハギ科としては美味とされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません