読み込み中 . . .
中止

イヌノシタ

Cynoglossus robustus Günther, 1873

分布 相模湾~九州の太平洋岸、新潟県以南日本海岸、瀬戸内海、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国沿岸。
特徴 有眼側の体側の側線は2列で、第1・第2側線間の鱗数は10~11(11が多い)、背鰭軟条数は124~134と多いことにより、日本に分布するイヌノシタ属魚類の他種と区別することができるが、見慣れていないと同定することは難しい。体長40cmを超える。
生息環境 水深20~115mほどの砂底、砂泥底の環境に生息している。
食性 動物食性で底生の甲殻類や多毛類を捕食し、魚類も食う。
その他 底曳網漁業で漁獲される。アカシタビラメと同様に食用になり、かなり美味である。市場では本種とアカシタビラメは同じように扱われていて、あまり区別もされていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

鈴鹿さんが日本 兵庫県 明石市で撮ったイヌノシタ

日本 兵庫県 明石市

2015.02.09

NOAHさんが日本 広島県 瀬戸内海産 (東京 築地場内市場で購入)で撮ったイヌノシタ

日本 広島県 瀬戸内海産 (東京 築地場内市場で購入)

2014.08.01

NOAHさんが日本 島根県 近海で撮ったイヌノシタ

日本 島根県 近海

2019.01.29

NOAHさんが日本 島根県 近海で撮ったイヌノシタ

日本 島根県 近海

2019.01.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する