コモンサカタザメ

Rhinobatos hynnicephalus (Richardson, 1846)

分布 南日本太平洋岸、新潟県以南の日本海、瀬戸内海、有明海、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国沿岸。
特徴 サカタザメによく似ているが、吻はサカタザメと比べてあまりとがっていない。体盤の背面には小さな茶褐色斑があり、これが輪状になることがある。全長70cmに達する。
生息環境 沿岸浅所の砂泥底にすむ。
食性 サカタザメと同様に小魚や甲殻類などを捕食する。
地方名 スキサキ・スキザキ(山口県)、カアメ・カアメン(山口県下関市)
その他 底曳網や定置網などで漁獲される。肉は湯びきなどで美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンサカタザメ

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.16

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンサカタザメ

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.16

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンサカタザメ

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.16

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンサカタザメ

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.16

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンサカタザメ

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.16

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンサカタザメ

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.16

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンサカタザメ

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.16