読み込み中 . . .
中止

トウガレイ

Pleuronectes pinnifasciatus Kner, 1870

特徴 有眼側の背鰭・臀鰭に暗色帯があり、尾鰭に黒斑がある。ヌマガレイやクロガシラガレイに似るが、有眼側に突起がないこと、側線がまっすぐなこと、尾鰭に黒斑があることで区別される。大きいもので50cmになる。
分布 北海道東北岸。オホーツク海南部、日本海北部~タタール海峡。
生息環境 沿岸浅海域に生息する。汽水域にも入る。
食性 肉食性。
その他 釣りや刺網で漁獲され、食用魚となる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません