サメガレイ

Clidoderma asperrimum (Temminck and Schlegel, 1846)

特徴 有眼側にはいぼ状の突起があり、有眼側の体側を覆う。口裂は無眼側のほうが大きい。背鰭・臀鰭に明瞭な模様がないことでヌマガレイと区別できる。体長50cm。
分布 日本各地、東シナ海。黄海、渤海、~ブリティッシュコロンビア州南部。
生息環境 水深1,000m以浅の砂泥底に生息する。
食性 肉食性。
その他 刺し網や底曳網で漁獲され、食用になる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんが日本 北海道 神奈川県川崎市北部市場で購入で撮ったサメガレイ

日本 北海道 神奈川県川崎市北部市場で購入

2014.08.01