読み込み中 . . .
中止

クサフグ

Takifugu niphobles (Jordan and Snyder, 1901)

形態・特徴 体の背側と腹側に小棘がある。体色は背部が灰色から濃緑色で、白色の斑点が見られる。腹部は一様に白色。鰓孔後方に大きな暗色斑がある。全長20cmほどの小型種。
分布 北海道~九州までの日本各地沿岸、八丈島、沖縄諸島。~朝鮮半島、台湾、中国。
生息環境 日本の沿岸ではコモンフグ、ヒガンフグなどと並んでよく見られるフグのひとつ。内湾に多く見られ、砂、泥底に多く、よく砂中にもぐる。汽水域にもよく入り、ごく稀に淡水域にまで入る。
食性 甲殻類、軟体動物、多毛類など様々な動物を捕食する。他のフグ科の魚の卵も食べることがあるほどだという。
その他 本種の産卵行動は有名で、初夏から夏の大潮の番に波打ち際で集団産卵および放精する。本種は内臓だけでなく筋肉や精巣にも毒がある。筋肉の毒は弱いとされ、食用となるが、調理はプロに任せること。沖縄の個体群は、絶滅のおそれのある地域個体群とされる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません