コケビラメ

Citharoides macrolepidotus Hubbs, 1915

特徴 体長20cmほど。カレイやヒラメ、ダルマガレイなどは腹鰭に棘が無いが、本種では腹鰭に1棘がある。眼は体の左側に有り、口が大きい。背鰭・臀鰭後方基部に1対の小黒斑がある。鱗は大きい。
分布 駿河湾・兵庫県香住以南~東シナ海。フィリピン、南アフリカ(?)。
生息環境 水深150m以深の砂泥底に生息する普通種。200mほどでは特に多い。
食性 肉食性。底生動物や小魚を捕食する。
その他 底曳網で多量に漁獲される。小型だが肉は白身で美味。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。