読み込み中 . . .
中止

グルクマ

Rastrelliger kanagurta (Cuvier, 1817)

形態・特徴 体高が高く、躯幹部と尾部は鱗で被われる。体側背面は青緑色で小黒点が散在する。体側中央には数本の暗色縦線が走る。
分布 愛媛県愛南町以南、琉球列島。~インド・西太平洋の熱帯・亜熱帯域。
生息環境 沿岸域の主に表層を群泳する。
食性 動物プランクトン、小型魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。
その他 国内では沖縄県でしかほとんど漁獲されないため、あまり消費されることもないが、東南アジアでは水産上重要種で日本のマサバやゴマサバのように多様な調理法で食べられている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません