読み込み中 . . .
中止

オキナワオオタチ

Trichiurus sp.1

形態・特徴 背鰭は透明でタチウオに似ているが、体高は頭長の46%以下(41-50%)、両眼の眼隔域がくぼむ、眼が大きいなどの特徴をもつ。全長2m近くに達するとも言われている。
分布 沖縄島近海。水深200m前後の大陸棚斜面上部にすむ。
生息環境 主に水深200m前後の大陸棚にすむとされる。
その他 沖縄ではテンジクタチなどと同様釣りの対象魚として人気があり、食用にもされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません