読み込み中 . . .
中止

ヒレナガユメタチ

Evoxymetopon poeyi Günther, 1887

分布 南日本太平洋側、九州-パラオ海嶺。~インド洋。深海の底層を遊泳する。
特徴 背鰭第1棘が長く、よく伸びる。ヒレナガオオメユメタチは本種に似ているが、眼がやや小さく、頭長は眼径の5.5~5.8倍であること、臀鰭の軟条は一部埋没するが外見上、見ることができる軟条数は20であることで区別できる。全長2mになる大型種。
生息環境 水深200~350mの大陸棚縁辺~斜面にすむ。
その他 タチウオなどと同様、釣りや底曳網などによって漁獲され、食用となっている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません