読み込み中 . . .
中止

オオカマス

Sphyraena putnamae Jordan and Seale, 1905

形態・特徴 体は銀色で、体側にはひらがなの「く」の字状の横帯がある。鰓弓に鰓耙がない。側線有孔鱗数は124-134。オニカマスによく似ているが、体側の横帯のほか、オニカマスでは側線有孔鱗数は75-87と少なく、背鰭と臀鰭の最後の軟条は伸長しないことでも区別可能。体長80cmを超え、日本産ではオニカマスにつぎ大きくなる。
分布 土佐湾、宮崎県贄波、鹿児島、琉球列島。インド・西部太平洋。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域、内湾の浅所で群れる。
食性 肉食性。他のカマスと同様に小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 オニカマス同様、ルアーや餌釣りで釣れる。東南アジアでは食用魚として扱われる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません