読み込み中 . . .
中止

バショウカジキ

Istiophorus platypterus (Shaw and Nodder, 1792)

形態・特徴 吻(上顎)は尖り、下顎よりも伸長する。第一背鰭が顕著に大きく、前半部と後半部で特に高くなることが特徴。本種の標準和名には“芭蕉”、英名には“sail(帆)”が含まれているのは、背鰭の大きい本種の特徴に因んだものである。本種を含むマカジキ科魚類は高速で泳ぐことができ、長い腹鰭や大きい背鰭を拡げることで、ブレーキをかけることができるようになっている。体色は生きているときは体背面が濃青色で、腹面は銀白色。体側中央には細長い水色の斑紋が縦に並ぶ。背鰭も体背面の体色と同様に青黒く、その鰭膜には黒点が散在する。死ぬと劇的に体色が変化し、全身が黒っぽい色へと変色する。全長3.5mくらい、湿重量100kgくらいまでに成長するが、漁獲されるのは大抵、全長2m前後の個体が多い。大西洋・太平洋ともに本種は生息しているが、太平洋の方が大型に育つようである。
分布 インド洋、太平洋の温・熱帯海域。
生息環境 外洋の表層域を遊泳するが、しばしば若魚や稚魚を中心に沿岸域にも出現する。
食性 魚類や頭足類などを捕食する動物食性。本種の接餌活動は特異的で、魚群を発見すると持ち前の遊泳力で急接近し、追いつくと急激に方向を変えて第一背鰭を最大に拡げて急ブレーキをかけると伴に魚群の前に立ちふさがり、混乱した魚を吻で叩きつけて捕食する生態が観察されている。
その他 トローリングの遊漁で人気があるほか、日本の漁業では銛を使った漁法で獲ることが有名である。漁業対象種であるため、日本では食用として市場流通するが、海外では遊漁での重要種であるためキャッチ&リリースが定着している海域もある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません