オスジクロハギ

Acanthurus blochii Valenciennes, 1835

形態・特徴 眼後部、鰓蓋部、胸鰭上方部に暗色斑がなく、尾柄部に白色横帯があり、クロハギやニセカンランハギによく似るが、本種では尾柄部の棘を被う皮膜は暗色で、尾鰭に斑点がなくニセカンランハギと、背鰭後半部に5-8本の縦帯があり、胸鰭が暗色で有ることなどでクロハギと区別できる。体長20cm。
分布 屋久島、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋。ハワイ諸島にもいるようだ。
生息環境 浅海岩礁域や珊瑚礁に生息する。
食性 主に付着藻類などを捕食するが、動物性の餌も食べる。
その他 食用魚としてたまに流通する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません