読み込み中 . . .
中止

クロモンツキ

Acanthurus nigricauda Duncker and Mohr, 1929

形態・特徴 クロハギなどによく似るが眼後方に暗色斑があり、可動棘周辺にも後方によく伸びる暗色斑がある。尾鰭は成魚ではよく湾入する。体長30cm。
分布 和歌山県、喜界島以南琉球列島。~インド-太平洋。ハワイ諸島や紅海にはいない。
生息環境 珊瑚礁や岩礁に生息する。
食性 おもに付着藻類などを捕食する。
その他 沖縄ではクロハギよりも少ないが食用として市場にでる。紅海産のものは本種によく似るが別種とされる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません