ヒラソウダ

Auxis thazard thazard (Lacepède, 1800)

形態・特徴 全長は60cm程度にまでなる。本種はマルソウダとよく似ており、「ソウダガツオ」と呼ばれて混同されて扱われることも多い。しかし、体高が高いこと、有鱗域が第2背鰭の起部を越えないこと(マルソウダは越える)、鰓蓋上端の暗色斑が頭部背面の暗色域と繋がっていないこと(マルソウダは繋がらない)などで見分けることができる。
分布 南日本。世界中の温帯・熱帯海域。
生息環境 沿岸域の主に表層を群泳する。
食性 動物プランクトン、小型魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。
地方名 ソウダンボ(青森県、福島県いわき市、茨城県ひたちなか市)、ソウダガツオ・フグラ・フグラッコ・カツオ・コガツオ(青森県)、フクライ・フクレッコ(宮城県)、カヅオ・カヅ・ヒラカヅ・ヒラガツ・ヒラガツオ・ソウダガヂ(山形県)、ソウダ(福島県、茨城県ひたちなか市、千葉県、神奈川県、愛知県)、チボ(福島県、茨城県大洗町)、ソウダボ(福島県いわき市)、ロウソク(茨城県大洗町)、デブガツオ(富山県、石川県金沢市・能登町)、デブガッツォ(富山県)、シブタ(静岡県伊豆、鹿児島県奄美大島、沖縄県八重山)、ウズワ・シブワ・ヒラ・ヒラウズワ・モオウズワ(静岡県伊豆)、チガツオ・イモガツオ・イモ・ドンブリガツオ・ドングリ・ツングリ・モント・クソガツオ(兵庫県但馬)、メジカ(山口県)、シブター(沖縄県本島)、ウブシュ(沖縄県宮古島市)
その他 鮮度が落ちやすいため、マルソウダと混同して生節や削り節の原料とされることが多く、「ソウダ節」や「メジカ節」などとして加工品が流通している。マルソウダよりも血合い筋が少なく、またカツオに似て美味なため、遊漁でソウダガツオ類を釣った人はマルソウダとしっかり区別して重宝する人が多い。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
ミストラルさんが日本 福島県 アクアマリンふくしまで撮ったヒラソウダ

日本 福島県 アクアマリンふくしま

2020.12.05

山陽さんが日本 神奈川県 相模湾で撮ったヒラソウダ

日本 神奈川県 相模湾

2019.12.18

PENさんが日本 静岡県 三保沖で撮ったヒラソウダ

日本 静岡県 三保沖

2017.09.08

IHさんが日本 宮崎県 宮崎市内海港沖で撮ったヒラソウダ

日本 宮崎県 宮崎市内海港沖

2017.07.20

どぼさんが日本 東京都 式根島野伏港で撮ったヒラソウダ

日本 東京都 式根島野伏港

2015.09.13

NOAHさんが日本 高知県 室戸沖で撮ったヒラソウダ

日本 高知県 室戸沖

2015.04.15

ASIMOpapaさんが日本 神奈川県 江ノ島沖で撮ったヒラソウダ

日本 神奈川県 江ノ島沖

2014.10.06

てっし~さんが日本 和歌山県 天神崎で撮ったヒラソウダ

日本 和歌山県 天神崎

2014.09.18

監督さんが日本 神奈川県 大磯沖で撮ったヒラソウダ

日本 神奈川県 大磯沖

2011.11.27

PUTAROさんが日本 神奈川県 福浦沖で撮ったヒラソウダ

日本 神奈川県 福浦沖

2011.10.08

林 良和さんが日本 千葉県 千倉漁港で撮ったヒラソウダ

日本 千葉県 千倉漁港

2010.11.22

林 良和さんが日本 千葉県 千倉漁港で撮ったヒラソウダ

日本 千葉県 千倉漁港

2010.11.22

林 良和さんが日本 千葉県 千倉漁港で撮ったヒラソウダ

日本 千葉県 千倉漁港

2010.11.22

はるのぶさんが日本 神奈川県 葉山沖で撮ったヒラソウダ

日本 神奈川県 葉山沖

2010.09.11

はるのぶさんが日本 神奈川県 葉山沖で撮ったヒラソウダ

日本 神奈川県 葉山沖

2010.09.11

暴走特急さんが日本 和歌山県 印南町で撮ったヒラソウダ

日本 和歌山県 印南町

2009.09.14