読み込み中 . . .
中止

モンツキハギ

Acanthurus olivaceus Bloch and Schneider, 1801

形態・特徴 成魚の体色は褐色で、眼後方に細長い橙色斑がある。幼魚の色彩は鮮やかな黄色でクログチニザと似るが背鰭棘数が9本であることによって区別できる。体長30cmほど。
分布 幼魚は千葉県以南で見られるが、成魚は琉球列島や小笠原諸島に多い。~西-中央太平洋、アンダマン海、キーリング諸島。ハワイ諸島にも分布する。
生息環境 珊瑚礁域や岩礁域に生息する普通種。小さな群れで行動する。
食性 死サンゴや岩に付着した藻類やデトリタスなどを捕食する。
その他 沖縄などでは追い込み網や突き漁などで漁獲され、食用となる。幼魚は観賞魚。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません