読み込み中 . . .
中止

カンランハギ

Acanthurus bariene Lesson, 1830

形態・特徴 幼魚はクロハギなどによく似るが眼の後方に小さな暗色斑があることで区別できる。尾鰭はとくに成魚ではよく湾入する。頭部はやや前方に出る。背鰭は黄色っぽく、成魚ではその縁辺に青色線がある。体長40cmを超える大型種。
分布 相模湾、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。~インド-西太平洋。
生息環境 潮通しのよい岩礁域に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF
もぶらさんが日本 沖縄県 西表島 白浜港で撮ったカンランハギ

日本 沖縄県 西表島 白浜港

2017.09.24

IHさんが日本 宮崎県 日南市南郷町大島竹の尻堤防で撮ったカンランハギ

日本 宮崎県 日南市南郷町大島竹の尻堤防

2016.09.28

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったカンランハギ

日本 沖縄県 本島近海

2015.08.24

NOAHさんが日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競りで撮ったカンランハギ

日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競り

2015.08.24

kouさんが日本 沖縄県 石垣市伊野田漁港で撮ったカンランハギ

日本 沖縄県 石垣市伊野田漁港

2014.12.10

そーりーさんが日本 沖縄県 伊江島の港で撮ったカンランハギ

日本 沖縄県 伊江島の港

2010.12.12

sfcさんが日本 沖縄県 沖縄県名護市名護漁港で撮ったカンランハギ

日本 沖縄県 沖縄県名護市名護漁港

2006.05.07

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する