読み込み中 . . .
中止

カンランハギ

Acanthurus bariene Lesson, 1830

形態・特徴 幼魚はクロハギなどによく似るが眼の後方に小さな暗色斑があることで区別できる。尾鰭はとくに成魚ではよく湾入する。頭部はやや前方に出る。背鰭は黄色っぽく、成魚ではその縁辺に青色線がある。体長40cmを超える大型種。
分布 相模湾、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。~インド-西太平洋。
生息環境 潮通しのよい岩礁域に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません