読み込み中 . . .
中止

シマハギ

Acanthurus triostegus

形態・特徴 体色は淡色で体側に黒色横帯を5-6本有する。英名のConvict surgeonfish(受刑者ニザダイ)もこの横帯に由来している。ハワイ諸島のものは胸鰭基部に暗色線を有しており、別亜種とする考えもある。生鮮時、背部はやや緑色っぽい。背鰭の基部付近には体側の横帯がわずかに届くが、それ以外の鰭にはとくに模様がない。体長20cm。
分布 伊豆諸島、千葉県以南の太平洋岸、九州西岸、琉球列島、尖閣諸島、南大東島、小笠原諸島、沖ノ鳥島。~インド-太平洋、東太平洋の沿岸および島嶼、西アフリカ。ハワイ諸島にもいる。
生息環境 珊瑚礁や岩礁の浅瀬にすみ、餌である付着藻類が豊富な場所では大群をつくる。また、幼・成魚ともに潮だまりにもよく入る。幼魚・稚魚は本州から九州の太平洋岸でも見られる。
食性 おもに付着藻類などを捕食し、餌場では大きな群れをつくる。
その他 食用魚。幼魚は観賞魚としても扱われる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません