メイキュウサザナミハギ

Ctenochaetus hawaiiensis Randall, 1955

分布 小笠原諸島、奄美大島以南。~ウェイク島、ミクロネシア、ピトケアン、ハワイ諸島。
特徴 成魚の体全体に細い縞模様が入る。幼魚では橙色の体に細い「く」の字のような模様が入り、小形ヤッコの仲間のように見える。体長20cmほど。
生息環境 岩礁域に生息する。
その他 幼魚はシェブロンタンと呼ばれ、まれにハワイなどから輸入されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

アキヒトさんが日本 鹿児島県 瀬戸内町磯で撮ったメイキュウサザナミハギ

日本 鹿児島県 瀬戸内町磯

2012.11.03

上原航知さんが日本 鹿児島県 沖永良部島で撮ったメイキュウサザナミハギ

日本 鹿児島県 沖永良部島

2016.07.15

山田良一さんが日本 東京都 小笠原父島で撮ったメイキュウサザナミハギ

日本 東京都 小笠原父島

2015.07.14