読み込み中 . . .
loading
中止

ナンヨウハギ

Paracanthurus hepatus

形態・特徴 腹鰭は1棘3軟条からなり、ニザダイ科の尾柄部に骨質板を持たないグループとしては少ない。体色は鮮やかな青色で、体側には特徴的な模様を形成する暗色縦帯がある。背鰭と臀鰭は青く、その縁辺が黒い。胸鰭は先端に黄色部がある。尾鰭は黄色で、上・下端は黒色。幼魚の色彩は成魚の色彩とほぼ同様。体長20cm。
分布 駿河湾以南、小笠原。~インド・西太平洋域。岩礁域にすむ。
生息環境 珊瑚礁域に生息する普通種。幼魚はスズメダイ科魚類などとともに枝状のサンゴの中にすみ、危険がせまるとその中に逃げる。
食性 雑食性だが動物プランクトンなどを捕食する。また藻類も捕食する。
その他 その独特な色彩から観賞魚として古くから親しまれてきた。水槽では植物質の餌も与えるとよく、水族館ではレタスなどの野菜も与えている。白点病にかかりやすく、飼育の際には注意が必要。食用種でもある。ナンヨウハギ属は本種のみの1属1種からなり、地域により若干の色彩変異がある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 阿嘉島

2008.10.20

フィリピン サマール島

2009.10.28

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.03.08

日本 沖縄県 阿嘉島

2008.10.20

日本 鹿児島県 トカラ小宝島

2004.04.11

日本 沖縄県 安慶名敷島

2009.10.02

日本 沖縄県 渡嘉敷島

2017.09.24

日本 沖縄県 慶良間 北浜(ニシバマ)Part.2

2018.05.19

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する