スジアラ

Plectropomus leopardus (Lacepède, 1802)

形態・特徴 スジアラ属魚類は背鰭棘数が8と、マハタ属やユカタハタ属と比べ少なく、臀鰭の第1棘が皮下に埋没する。本種の体色は赤みを帯びたものから黄色っぽいもの、暗色のものまで変異がある。コクハンアラとよく似ているが、胸鰭が黒くないことで区別できる。ただし見分けが難しい場合がある。尾鰭はわずかに湾入する。体長60cmほどで、コクハンアラよりもやや小さい。
分布 相模湾以南の太平洋岸、日本海西部、長崎、琉球列島。~西太平洋、オーストラリア北西岸。
生息環境 主として熱帯・亜熱帯域の岩礁やサンゴ礁域に生息している。水深100m以浅に多い。
食性 肉食性。小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 主に琉球列島で漁獲される他、四国や九州でも漁獲されている。主に刺網、釣り、延縄、底曳網で漁獲されている。肉は白身で美味。沖縄では養殖もおこなわれている。
スジアラ属は日本からは3種類が知られているが、近年東南アジア方面から他の種も輸入されているようである。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません