読み込み中 . . .
中止

ナガテングハギモドキ

Naso lopezi Maeda, Saeki, and Satoh, 1927

形態・特徴 尾柄部の骨質板数は2。ゴマテングハギモドキによく似ているが、体長は体高の約3倍以上であることにより区別可能。
分布 伊豆半島、和歌山県、琉球列島。フィリピン。岩礁域にすむが水深30m以浅で見られることは少ない。
生息環境 やや深い岩礁域に生息する。
食性 動物プランクトンを食べると考えられている。
その他 食用魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません