読み込み中 . . .
中止

ヒメアイゴ

Siganus virgatus (Valenciennes, 1835)

形態・特徴 腹鰭は1棘3軟条1棘で背鰭は13棘10軟条、臀鰭は7棘9軟条。胸鰭は16-17軟条。頭部には2本の黒色帯があるが、吻が突出しないことでヒフキアイゴと区別できる。頭部から体側前方に青色斑があるが体側後半部に模様はない。体側上半は黄色、腹部は銀白色。体長20cm。
分布 紀伊半島以南。~東インド・西太平洋。岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域の浅所にすむ。内湾にも見られる。成魚はペアか群れで行動し、ヒフキアイゴのと混成群を作ることがある。
食性 藻類を主に捕食するが、飼育下では藻類以外の餌も捕食する。
その他 追い込み網や刺網などで漁獲され食用となる。また美しい色彩から観賞魚としても人気があるが、植物性の餌も与えないと痩せてしまう。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません