アミアイゴ

Siganus spinus (Linnaeus, 1758)

形態・特徴 体色は灰色っぽく、体側に虫食い状斑がある。尾鰭はあまり湾入しない。腹鰭は1棘3軟条1棘で背鰭は13棘10軟条、臀鰭は7棘9軟条。胸鰭は16-18軟条。ムシクイアイゴに似ているが、背鰭棘条と軟条部の間に深い欠刻があることで区別できる。体長15cmほど。
分布 駿河湾以南。~東インド。西太平洋。藻場域にすむ。
生息環境 沿岸のサンゴ礁域、岩礁域、藻場などに群れで生息する。
食性 雑食性であるが主に藻類を捕食する。
その他 産卵期は4-7月で。幼魚は旧暦5-8月の1日前後の、大潮のときに上げ潮にのり接岸する。沖縄では食用魚。アイゴの仲間の幼魚の塩漬け「すくがらす」は主に本種で作る。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません