読み込み中 . . .
中止

イトマンクロユリハゼ

Ptereleotris microlepis (Bleeker, 1856)

形態・特徴 体は細長く、水色である。胸鰭基底に黒色線があり、尾鰭には目立つ模様を有しないことで他のクロユリハゼ属と区別できる。体長8cm。
分布 伊豆半島、沖縄島、先島諸島。紅海を含むインド洋、西部~南部太平洋。サンゴ礁域の砂地に生息する。
生息環境 水深3-10mの砂底の海底に生息し、単独もしくは小さな群れで、海底から少し離れた場所を遊泳、あるいはホバリングする。
食性 動物プランクトンを捕食する。
その他 観賞魚として利用される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

イトマンクロユリハゼ

日本 宮崎県 串間市

2015.03.17

イトマンクロユリハゼ

日本 沖縄県 宜野湾市 宜野湾新漁港

2020.01.31

イトマンクロユリハゼ

日本 千葉県 勝浦市鵜原

2015.12.03

イトマンクロユリハゼ

日本 沖縄県 砂辺浄化センター前

2018.05.19

イトマンクロユリハゼ

フィリピン サマール島

2011.10.07

イトマンクロユリハゼ

フィリピン サマール島

2011.10.07

イトマンクロユリハゼ

日本 和歌山県 南紀 磯

2012.11.12

イトマンクロユリハゼ

サモア サバイ島

2008.12.08

イトマンクロユリハゼ

日本 高知県 幡多郡大月町

2020.09.03

イトマンクロユリハゼ

日本 沖縄県 宜野湾市 宜野湾新港

2021.04.13

イトマンクロユリハゼ

日本 沖縄県 宜野湾市 宜野湾新港

2021.04.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する