読み込み中 . . .
中止

スマ

Euthynnus affinis (Cantor, 1849)

形態・特徴 全長は1m程度にまでなる。体は紡錘形で、体側の後半部には鱗はない。胸鰭の下方に数個の黒色の小円斑が見られることが最大の特徴で、容易に他種と見分けることができる。
分布 南日本。~インド・太平洋の温帯・熱帯域。
生息環境 沿岸域の主に表層を群泳する。
食性 動物プランクトン、小型魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。
その他 カツオに勝るとも劣らない味とされることが多いが、漁獲量は多くなく、市場流通することも少ないようである。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません