読み込み中 . . .
中止

アケボノハゼ

Nemateleotris decora Randall and Allen, 1973

特徴 ハタタテハゼによく似ている。体側前半は乳白色で、後半部は紫色と塗り分けられる。吻端は紫色。第1背鰭は6棘からなり、その前半部が伸びる。腹鰭の先端は赤みを帯びる。体長6cmほど。
生息環境 サンゴ礁域のやや深場に生息する。
食性 動物プランクトンなどを捕食するが、水槽内では配合飼料や植物質の餌も食う。
その他 ハタタテハゼ属の3種はいずれも美しい色彩であり、鑑賞魚としてもよく流通されている。丈夫で飼育しやすいが、性格がおとなしいところがあり、強い魚と飼うにはあまり適さない面がある。ダイバーにも人気があり、柏島などではよく見られる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 恩納村 ホーシュー

2019.10.07

インドネシア バリ島 カクタスポイント、エメラルドホテル前

2007.09.06

日本 沖縄県 慶良間諸島

2017.11.05

日本 東京都 小笠原村

2015.07.16

日本 沖縄県 ホーシュー

2018.06.21

日本 沖縄県 ホーシュー

2018.05.19

日本 沖縄県 恩納村 ホーシュー

2019.10.24

日本 沖縄県 恩納村 ホーシュー

2019.10.31

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する