読み込み中 . . .
中止

スナハゼ

Kraemeria sexradiata Matsubara and Iwai, 1959

特徴 下顎の先端が円錐状に突出している。眼は小さい。背鰭は1基で5棘14軟条。トンガスナハゼによく似ているが、本種は腹鰭が分離し、トンガスナハゼは癒合膜でつながっている。体長4cmほど。
分布 琉球列島。パラオ、ソロモン群島。河口や砕波帯の砂中にすむ。
生息環境 サンゴ礁域にある、波打ち際の砂地にすむ。通常体を砂中にうずめている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する