読み込み中 . . .
中止

アヤヨシノボリ

Rhinogobius sp.MO

形態・特徴 頬に小瑠璃色斑があり、ルリヨシノボリによく似ているが、本種の尾鰭には斑点があるのに対し、ルリヨシノボリでは見られない。また体長は5cmほどで、ルリヨシノボリに比べると小型。
分布 奄美大島~沖縄島およびその周辺の島々。
生息環境 河川中・下流域に多く生息し、砂利底に生息する。両岸が護岸されたような小河川にも見られる。
食性 雑食性。
その他 両側回遊魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

アヤヨシノボリ

日本 鹿児島県 奄美大島 某河川 上流域

2008.08.05

アヤヨシノボリ

日本 沖縄県 那覇市

2018.09.23

アヤヨシノボリ

日本 鹿児島県 奄美大島 河川中流域

2009.08.03

アヤヨシノボリ

日本 沖縄県 沖縄島北部

2005.03.19

アヤヨシノボリ

日本 沖縄県 沖縄島北部

2005.03.19

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する