読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クロヨシノボリ

Rhinogobius brunneus (Temminck and Schlegel, 1845)

形態・特徴 胸鰭基底に大きな三日月状斑がある。体の正中線上には途中で途切れる点列がある。尾鰭の中央部にも小斑がある。尾鰭基部に八の字状斑がある。アヤヨシノボリに似るが、眼下に瑠璃色斑がない。琉球列島産の個体群は九州以北のそれとは遺伝的に大きく異なるという。
分布 千葉県・新潟県~南西諸島。
生息環境 河川中流から上流に生息する。川底が岩、小石、あるいは礫底の場所に生息する。中規模河川や、極小河川に生息する。また陸封されるものもいる。
食性 雑食性。主に付着藻類や底生動物、小型の昆虫を捕食する。
その他 両側回遊魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません