イサゴハゼ

Gobiopsis arenaria (Snyder, 1908)

特徴 体長は3cmほど。頬に1本の隆起縦線が走り、顎にひげがある。体側に1本のはしご状の黒色斑がある、頭部には感覚管の開口があるが前鰓蓋後縁には無いなどで、同属他種と区別可能。
生息環境 内湾、サンゴ礁域の礁斜面に生息する。死サンゴ片混じりの砂泥底で見られる。生息水深は6-10m。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

宮本克己さんが日本 和歌山県 串本町荒船海岸付近で撮ったイサゴハゼ

日本 和歌山県 串本町荒船海岸付近

2023.02.13