読み込み中 . . .
中止

クマノミ

Amphiprion clarkii (Bennett, 1830)

特徴 イソギンチャクの仲間と共生するクマノミ属の魚種は日本から6種知られている。本種はその中でも最も普通に見られるもので、頭部と体側にある白色横帯が特徴的。雄は普通尾鰭が黄色で、雌は普通白っぽいことで見分けられるが、体色は地域によって若干の変異があることが知られている。全長12cmを超える。
分布 千葉県以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。~インド-西太平洋。
生息環境 温帯から熱帯海域に生息しイソギンチャクと共生する。サンゴイソギンチャクやイボハタゴイソギンチャクなど、さまざまな種類のイソギンチャクと共生する。
その他 普通は食用とされないが、観賞魚として人気がある。フィリピンや沖縄で採集されたものが流通されるほか、関東以西の太平洋岸では採集することも可能。丈夫で飼いやすく、長生きするが性格は強い。飼育下ではイソギンチャクはなくても良い。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

日本 鹿児島県 奄美大島 龍郷湾

2019.11.09

日本 沖縄県 真栄田岬

2019.10.31

日本 鹿児島県 鹿児島市 桜島

2019.05.07

日本 鹿児島県 奄美大島 古仁屋漁港

2019.03.28

日本 宮崎県 日南市 油津港

2018.07.19

日本 沖縄県 ゴリラチョップ

2018.06.07

日本 沖縄県 真栄田岬

2018.06.07

日本 沖縄県 与那国島 Wアーチ

2018.05.19

日本 沖縄県 真栄田岬

2018.05.19

日本 沖縄県 真栄田岬

2018.05.19

日本 沖縄県 真栄田岬

2018.05.19

日本 鹿児島県 奄美大島 田検

2018.03.28

日本 静岡県 大瀬崎

2017.10.02

日本 沖縄県 渡嘉敷島

2017.09.24

日本 沖縄県 宮古島

2017.09.15

日本 愛媛県 由良半島 成

2016.11.05

日本 高知県 柏島

2016.09.22

日本 和歌山県 白浜

2016.07.22

日本 沖縄県 石垣島 石垣港フェリータミナル

2015.11.29

日本 宮崎県 串間市

2015.10.22

日本 静岡県 雲見

2015.09.22

日本 静岡県 賀茂郡西伊豆町田子

2015.09.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する