読み込み中 . . .
中止

クマノミ

Amphiprion clarkii (Bennett, 1830)

特徴 イソギンチャクの仲間と共生するクマノミ属の魚種は日本から6種知られている。本種はその中でも最も普通に見られるもので、頭部と体側にある白色横帯が特徴的。雄は普通尾鰭が黄色で、雌は普通白っぽいことで見分けられるが、体色は地域によって若干の変異があることが知られている。全長12cmを超える。
分布 千葉県以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。~インド-西太平洋。
生息環境 温帯から熱帯海域に生息しイソギンチャクと共生する。サンゴイソギンチャクやイボハタゴイソギンチャクなど、さまざまな種類のイソギンチャクと共生する。
その他 普通は食用とされないが、観賞魚として人気がある。フィリピンや沖縄で採集されたものが流通されるほか、関東以西の太平洋岸では採集することも可能。丈夫で飼いやすく、長生きするが性格は強い。飼育下ではイソギンチャクはなくても良い。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません