読み込み中 . . .
中止

ノボリハゼ

Oligolepis acutipennis (Valenciennes, 1837)

特徴 体長は12cmほど。吻が丸い。第一背鰭が高く、尾鰭は尖る。口が小さく後縁が眼後縁を越えない、眼下の黒色垂線が細いなどで、近似のクチサケハゼと区別可能。
分布 千葉県、和歌山県、宮崎県、南西諸島。~中国、台湾、インド・西部太平洋。
生息環境 河川の感潮域下部、汽水性湿原、細流の淡水域の泥底に穴を掘り、その中で見られる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません