読み込み中 . . .
中止

ハラマキハゼ

Psilogobius prolatus Watson and Lachner, 1985

特徴 体長は4cmほど。腹部に4-7本の細い銀白色の横線がある、唇は分厚く、口が大きく後端は眼の後縁を超えるなどで、近似のヤツシハゼ属魚類と区別可能。
分布 紀伊半島、奄美大島、沖縄諸島、石垣島、西表島;インド・西太平洋
分布 紀伊半島、奄美大島、沖縄諸島、石垣島、西表島;インド・西太平洋
生息環境 内湾の湾奥に生息する。まれに河川の河口域やサンゴ礁の礁湖にいる。砂泥底でテッポウエビ類と共生する。生息水深は1-20m。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません