読み込み中 . . .
中止

クサハゼ

Vanderhorstia sp.

特徴 体長は7cmほど。体は細長い、尾鰭は尖っている、体背側に2黄色縦線が走るが、後半部で輪郭が不明瞭である、体側に暗色斑がないなどで、同属他種と区別可能。
分布 千葉県~八重山諸島、小笠原。~インドネシア。内湾やサンゴ礁域の礁湖の泥・軟泥・砂泥底域でテッポウエビ類と共生する。
分布 小笠原諸島、千葉県、相模湾、伊豆半島、和歌山県、徳島県、愛媛県宇和海、高知県柏島、種子島、奄美大島、沖縄諸島、石垣島、西表島;インドネシア
生息環境 内湾の砂泥底に生息する。まれにサンゴ礁息の礁湖に見られる。テッポウエビ類と共生し、巣穴上でホバリングする。生息水深は1-50m。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

クサハゼ

日本 静岡県 伊豆半島

2020.03.21

クサハゼ

日本 沖縄県 座間味島

2016.06.18

クサハゼ

日本 静岡県 沼津市西浦大瀬崎

2015.09.24

クサハゼ

日本 沖縄県 西表島

2011.10.30

クサハゼ

日本 沖縄県 慶良間 阿真ビーチ前

2018.05.20

クサハゼ

日本 静岡県 伊豆半島

2020.10.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する