読み込み中 . . .
中止

ハチマキダテハゼ

Amblyeleotris diagonalis Polunin and Lubbock, 1979

特徴 体長8cmほど。目の後方に、上後方に向かう暗色斜走線がある、頭部と体側に、上後方に向かう5褐色斜走線がある、などで同属他種と区別可能。尾鰭にはU字型の褐色斑がある。
分布 伊豆諸島、相模湾、静岡県、紀伊半島、高知県、琉球列島;紅海、インド・西太平洋
分布 伊豆諸島、相模湾、静岡県、紀伊半島、高知県、琉球列島;紅海、インド・西太平洋
生息環境 内湾、サンゴ礁域の礁斜面に生息する。砂泥底、礫混じりの砂底や砂泥底で、テッポウエビ類と共生する。生息水深は10-35m。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 慶良間 阿真ビーチ前

2018.05.19

日本 沖縄県 慶良間 阿真ビーチ前

2018.06.21

日本 沖縄県 座間味島

2009.06.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する