読み込み中 . . .
中止

クビアカハゼ

Amblyeleotris wheeleri (Polunin and Lubbock, 1979)

特徴 体長6cmほど。頭部から尾鰭基底部にかけて明色(黄色)横帯と暗色(赤色)横帯が6本ずつ交互に並び、暗色横帯の幅は明色横帯の幅より広いことで、同属他種と区別可能。眼下に橙色垂帯があることのもある。
分布 小笠原諸島、伊豆諸島、相模湾、紀伊半島、愛媛県、高知県、屋久島、琉球列島;台湾、紅海、インド・太平洋
分布 小笠原諸島、伊豆諸島、相模湾、紀伊半島、高知県、屋久島、琉球列島;台湾、紅海、インド・太平洋
生息環境 内湾の湾口、サンゴ礁域の礁斜面やドロップオフ下に生息する。砂礫や死サンゴ片まじりのガレ場、砂底でテッポウエビ類と共生する。生息水深は3-30m。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

クビアカハゼ

日本 愛媛県 愛南町

2010.09.29

クビアカハゼ

フィリピン ボホール島

2010.06.03

クビアカハゼ

日本 沖縄県 砂辺No.1

2018.05.19

クビアカハゼ

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.13

クビアカハゼ

日本 沖縄県 国頭郡 恩納村 真栄田

2021.03.25

クビアカハゼ

日本 沖縄県 国頭郡 恩納村 真栄田

2021.03.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する