読み込み中 . . .
中止

ニセタカサゴ

Pterocaesio marri Schultz, 1953

形態・特徴 体側に2本の黄色縦帯があり、尾鰭両葉端のみが黒いことでタカサゴに良く似ている。本種の黄色縦帯は2本目が側線と沿うように走ることで、タカサゴと区別できる。体長30cmに達する。
分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、琉球列島。~インド-太平洋。ハワイ諸島にはいない。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域に生息し、大きな群れを作る。タカサゴと生態はよく似ていると考えられる。
食性 主に動物プランクトンを捕食する。
その他 沖縄ではタカサゴ同様に追い込み網や釣りで漁獲され、市場でも区別されていない場合が多い。食用魚としてタカサゴ同様に扱われる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません